Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ほくでん情報テクノ、DC利用者向けにIDS/IPSサービスを提供

ほくでん情報テクノロジーは、同社が運営するH-IXデータセンターにおいて、不正侵入検知、防御(IDS/IPS)サービスを提供開始した。

同サービスは、綜合警備保障が運営するALSOK情報警備監視センターとの連携により、H-IXデータセンターの利用者を対象に、不正侵入検知と防御機能を提供するもの。

不正侵入や設定変更を検知してアラートメールで通知するほか、月次レポートも作成。シグネチャの更新や防御ポリシーの変更、ファームウェアのバージョンアップやパッチ適用、24時間体制の機器監視や緊急対応などをデータセンターが行う。

価格は、月額利用料が7万4000円。初期費用8万円が別途必要。

(Security NEXT - 2014/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
ウォッチガード、AWS向けに「Firebox Cloud」を提供
NEC、金融機関向けにインターネット接続サービス - CSIRT支援も
トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応