Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月のフィッシング、前月と同水準ながらも今後の動きに注意

フィッシング対策協議会は、9月におけるフィッシングの報告状況を取りまとめた。月全体での件数について前月より大きな変化は見られないが、月末に向けて増加しており、今後の動きに注意する必要がある。

同協議会によれば、9月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は、前月より40件増となる652件。2014年に入り、4000件を超えて過去の最多記録を更新するなど高水準での推移が続いていたが、8月には1000件を下回り、9月もほぼ同水準で推移した。

しかし、月内の動きを見ると今後注意が必要だ。同協議会によれば、19日以降、金融機関を装ったフィッシング攻撃が増加しており、同様の傾向を警察庁でも観測している。

同月前半の報告数が少なかったことから、月全体の報告数としては前月から微増にとどまったが、月末からの動きが続けば、再び大きく増加する可能性もある。

フィッシングサイトの公開に利用されたURL件数は、前月より2件減となる182件。フィッシングに悪用されたブランド件数は14件で、前月より3件後退している。

また報告数は少ないものの、通信業者を装ったあらたなフィッシング攻撃を確認。オンラインゲーム関連のフィッシングも、引き続き報告された。

(Security NEXT - 2014/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず