Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESET製ウェブセキュリティGWが登場 - 6種類の方法でマルウェア検出

logoes1..jpg

キヤノンITソリューションズは、ESETの法人向けゲートウェイ製品「ESET Web Security for Linux」を販売開始した。

同製品は、HTTPおよびFTPのプロキシサーバとして動作。通信内容を検査してエンドポイントへマルウェアが侵入することを防止するセキュリティゲートウェイ。ヒューリスティック検知など6種類の検査方法を備えるESET製のマルウェア対策エンジンを搭載している。

クライアントやアクセス先について、IPアドレスやネットワークアドレスで個別のポリシーを作成することが可能。「ESET Remote Administrator(ERA)」との連携に対応しており、情報収集や設定情報の配布など集中管理が行える。

ライセンス価格は、保護するPCやサーバの台数でカウントし、500台から999台を導入する場合、1台あたり1274円/年。

(Security NEXT - 2014/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
NRIセキュア、車両システムのセキュリティ診断サービスを提供