Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年2Qのクレカ番号盗用被害、15.1億円 - 国内6割

日本クレジット協会は、2014年第2四半期に発生したクレジットカードの不正使用による被害額を取りまとめた。

同協会では、偽造カードによる被害額と、不正に取得したカード情報の悪用による番号盗用被害額、およびその他不正使用被害額を合計し、「クレジットカード不正使用被害額」として算出。

同四半期の不正使用被害額は26億8000万円で、前四半期の24億3000万円から増加した。調査対象のカード会社が前期より4社増えて45社となったことも一部影響したと見られる。

内訳を見ると、番号盗用被害額が15億1000万円で全体の56.3%と過半数を占めており、前四半期の14億1000万円を上回った。60.3%にあたる9.1億円が国内で発生。のこる6億円の被害は海外で発生した。また偽造カードによる被害額も、3億9000万円から4億9000万円へと増加した。

(Security NEXT - 2014/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
聖教新聞の通販サイト、クレカ情報流出の可能性 - 詳細は調査中