Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年2Qのクレカ番号盗用被害、15.1億円 - 国内6割

日本クレジット協会は、2014年第2四半期に発生したクレジットカードの不正使用による被害額を取りまとめた。

同協会では、偽造カードによる被害額と、不正に取得したカード情報の悪用による番号盗用被害額、およびその他不正使用被害額を合計し、「クレジットカード不正使用被害額」として算出。

同四半期の不正使用被害額は26億8000万円で、前四半期の24億3000万円から増加した。調査対象のカード会社が前期より4社増えて45社となったことも一部影響したと見られる。

内訳を見ると、番号盗用被害額が15億1000万円で全体の56.3%と過半数を占めており、前四半期の14億1000万円を上回った。60.3%にあたる9.1億円が国内で発生。のこる6億円の被害は海外で発生した。また偽造カードによる被害額も、3億9000万円から4億9000万円へと増加した。

(Security NEXT - 2014/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
県寄付サイトに2万回以上の不正入力、カード決済を一時停止 - 長野県
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取