Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「bash」に深刻な脆弱性 - 攻撃手法も公開

「bash」における環境変数の処理に深刻な脆弱性が含まれていることが判明した。すでに攻撃手法が公開されており、ネットワーク経由で攻撃が懸念されている。

「bash」の環境変数に外部入力を設定できる場合、脆弱性「CVE-2014-6271」が存在していることを、Stephane Chazelas氏が発見したもの。

「bash」をシェルとして利用しているUNIX、Linux、Mac OS Xなど多くの環境が影響を受け、認証なしにリモートより任意のコードを実行されるおそれがあるという。

Kaspersky Labの研究者は、特に外部からアクセスが可能なウェブサーバに大きな影響があると指摘。簡単な調査を実施しただけで3000のウェブサーバに脆弱性が存在していることを確認しており、ファイアウォールを通過し、多数サーバに感染が広がる可能性があるとの懸念を示している。

またiPhoneやMac OS XのDHCPも脆弱性の影響があり、ファイアウォール内部でワームなどが悪意あるDHCPサーバとして動作すれば、大きな影響を受けると分析している。

同脆弱性に関しては、すでに攻撃手法も公開されており、セキュリティ機関やLinuxディストリビューターが注意を呼びかけている。

また修正版についても、対策が不十分であり、脆弱性「CVE-2014-7169」が存在。JPCERTコーディネーションセンターなどは、代替シェルを利用したり、WAFやIDSの活用など、回避策についても検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
DHCPサーバ「Kea」、リソース枯渇によるサービス停止のおそれ
「Flash Player」にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性を解消 - 悪用は未確認
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
「Adobe Acrobat/Reader」に51件の深刻な脆弱性 - あわせて100件以上を修正