Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急地震速報を装った偽メールに注意を

気象庁は、緊急地震速報を装ったメールやSNSへの投稿が発生しているとして、注意を呼びかけている。

同庁の緊急地震速報を装い、これから強い揺れが来る、地震の影響で津波が発生するおそれがあるなどと通知する迷惑メールが発生しているもの。詳細の確認先として記載したURLへアクセスさせようとするという。

同庁が配信する緊急速報メールでは、リンクを記載することはなく、通常のメールとは異なる専用の通知音で着信を知らせると説明。同様の投稿がSNSに対しても行われており、こうした投稿のURLへアクセスしないよう呼びかけた。

また民間事業者による緊急地震速報などのメール配信サービスを受ける場合、偽メールと判別できるようあらかじめ確認しておくよう求めている。

(Security NEXT - 2014/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪質な「注文確認メール」を送りつける偽楽天に注意を - 情報盗む上にマルウェア感染
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
通販サイトかたるメールに注意 - マルウェアサイトへ誘導
先週のAppleに続きMSのフィッシング攻撃が発生中
5月のフィッシング報告数は386件 - 大半は「アカウントの不正利用」で不安煽る
「パスワード変更完了」と不安煽る「偽ゆうちょ銀」 - 他金融機関の利用者も注意を
「宅配便」「駐車場の支払催促」などバラエティ増す偽メール - 「不正送金マルウェア」を添付
「熊本地震」に便乗するサイバー攻撃へ警戒を - 標的型攻撃や詐欺サイトなどに注意
「埼玉りそな銀」装う「こんにちは!フィッシング」 - 偽「りそな銀」から流用?
昨年末に続き、再び「じぶん銀行」がフィッシングの標的に