Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニアチーム応募者の個人情報をスタッフがLINE送信 - J2モンテディオ山形

サッカーJ2モンテディオ山形ジュニアユース村山において、メンバー選考の応募者42人の情報を、スタッフが同チームの一部選手に対し「LINE」を使って無断で送信していたことがわかった。

同チームを運営する山形県スポーツ振興21世紀協会の発表によれば、9月17日21時9分ごろ、同チームのメンバー選考に応募した42人の氏名や所属クラブ、身長、体重、50メートル走のタイムなどを、チームに所属する選手20人にLINEで送信したという。

翌18日、メッセージを受信した選手の父親から指摘があり判明。19日に、メッセージを受け取った全選手に削除を依頼して確認を行うとともに、第三者へ転送していないことを確認した。同協会では、選考応募者に対し説明、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
クレカ業界誌のECサイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
タレントグッズ通販ショップ、2014年の顧客情報漏洩が明らかに
ソニーに不正アクセス、他社アカウント情報用いた「なりすまし攻撃」 - 有効アカウント9万3000件が一致
ジュエリー販売サイトに不正アクセス - 顧客情報最大20万件が流出か
マンガ作家の個人情報含むPCとスマホを紛失 - NHN PlayArt
LINEが「NAVER」の不正アクセス犯を海外警察と連携して特定 - 「立会いのもとデータを削除した」
不正アクセスで「NAVERアカウント」169万件が漏洩 - 「LINE」への影響は否定
古着通販サイト「RAGTAG」に不正アクセス - 約3万人分のメアドやPWが流出