Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンガポールの孫会社で顧客情報31万件流出 - コシダカHD

「カラオケ本舗まねきねこ」などを運営するコシダカホールディングスは、シンガポールの関連会社が不正アクセスを受け、会員情報約31万件が流出したことを明らかにした。

同社によれば、シンガポールで事業を展開する同社の孫会社「K BOX ENTERTAINMENT GROUP」が運営するサーバが不正アクセスを受け、保有している会員情報が流出したもの。

シンガポールの複数の報道機関に対して、9月16日に「シンガポール政府への警告」とされるメールが送り付けられ、シンガポールで事業を展開する同社孫会社の会員情報約31万件を不正に取得して流出させたと書かれていたことから同社が調査を行ったところ判明したという。

同社では、警察の捜査に協力するとともに、被害の拡大を防止するための対策チームを立ち上げるなど、対応に当たっている。

(Security NEXT - 2014/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

移植患者情報含む書類をドナーに誤送付 - 日本骨髄バンク
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 北星信金
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人