Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

出荷した名刺管理ツールに実際の名刺情報 - キングジム

キングジム製の名刺管理ツールにおいて、一部端末が実際の名刺情報を保存した状態で出荷されていたことがわかった。

同社によれば、対象となるのは、名刺をスキャンしてデジタル化し、データを保存する製品「ビズレージ(DNX100)」。8月29日に発売した製品で、出荷された39台にデータが保存されていたという。

名刺送りのテストを行った際、誤って実在する人物の名刺を使用し、その名刺情報を消去せずに出荷してしまったもので、同社従業員が2007年から2008年ごろに名刺交換によって受け取った30人分の名刺情報が保存されていた。名刺の画像、氏名、会社名、会社の所在地、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

同社では対象製品のシリアルナンバーを公開。購入した顧客に連絡してほしいと呼びかけている。ま、名刺情報が流出した30人に対し、説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2014/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の商品発送伝票を紛失 - 全国農協食品
女性誌「ViVi」公式通販サイトに不正アクセス - 会員1万946人の情報が流出
元従業員が法人顧客の出荷情報約を不正提供 - 佐川急便
輸送途中の交通事故で荷物を焼失 - ヤマト運輸
米出荷者の個人情報含むPCが事務所から盗難 - JA三重四日市
発送した講座資料が配送中に所在不明 - 日本野菜ソムリエ協会
富士通、AES 256ビットの暗号化機能搭載したHDDを開発 - 廃棄も簡単
職員の自宅PCから組合員の個人情報2266件がWinny流出 - JA越後ながおか
顧客情報が記録された磁気テープを配送中に紛失 - 九州労金
博品館、顧客情報9527件がWinnyを介して流出