Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けた「My JR-EAST」がサービスを再開

JR東日本が会員向けに提供しているIDやパスワードの共有サービス「My JR-EAST」が不正アクセスを受けて停止していた問題で、同社は16日午後、サービスを再開した。

同社では、9月10日3時ごろから翌11日11時ごろにかけて、1152万件のアクセスを検知し、一部利用者で不正ログインの被害が発生したため、サービスを中断。サービスの再開を一時アナウンスしたものの、その後利用できない状態となっていた。

同社では、サービスを再開するとともに、パスワードの使い回しや、予測しやすいパスワードを避けるよう利用者へ注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2014/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃