Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

有名人のプライベート写真流出に便乗したマルウェア攻撃に注意

ハリウッド女優やセレブなどのプライベート写真流出事件に便乗し、写真が見られるなどと偽って無関係のサイトへ誘導する攻撃が発生している。マルウェア感染のおそれもあるとして、シマンテックでは注意を呼びかけている。

今回の流出事件が話題になったことで、流出した写真を検索するユーザーが増加。そこに付け込む攻撃が発生しているもの。

同社が確認したケースでは、実際は流出していない女優のプライベート写真があるなどと、SNSで投稿を拡散。プライベート写真や動画の公開サイトに見せかけて誘導し、アクセスすると動画ソフトをインストールするよう促すという。

今回のケースでは、アフィリエイトが目的だったと見られているが、フィッシングやマルウェアへの感染などに用いられる可能性があるとシマンテックは指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
「Office」数式エディタの脆弱性狙うマルウェア、一時大きく増加
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET