Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム不具合で顧客情報が閲覧可能に - サタケ

精米機など穀物関連機械や食品の製造販売を展開するサタケは、システムの不具合により、登録した顧客情報がほかの顧客から閲覧できる状態だったことを明らかにした。

不具合が発生したのは、穀物の色彩や形状を測定する粒状物外観測定器「グレインスキャナー」を購入した顧客向けシステム。

同システムでは、登録すると、ソフトウェアや取扱説明書などがダウンロードできるしくみだが、登録した情報の編集画面に、ほかの顧客の登録情報が表示される状態になっていたことが8月25日に判明したという。

閲覧可能だったのは、顧客の氏名や国名、メールアドレス、システムにログインする際のIDとパスワードなどで、同事象は2013年3月から発生していたと見られる。不正利用などは確認されていない。

同社ではシステムを停止した上で、不具合を修正。全顧客のパスワードを変更したうえで、システムを再開する。

(Security NEXT - 2014/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
クーポンサイトでアカウントを重複発行 - ソースネクスト
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV
チケット購入者の個人情報流出、配信システム不具合で - 浦和レッズ
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー