Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノベル、ディザスタリカバリアプライアンスの新シリーズを投入

ノベルは、ディザスタリカバリ用アプライアンス「PlateSpin Forge 700シリーズ」を9月1日より提供開始する。

同シリーズは、中堅企業、大企業向けのディザスタリカバリ用アプライアンス製品。仮想化技術によりサンドボックス環境で復旧テストまで行うことができる。

すでに提供している「PlateSpin Forge 500シリーズ」のパフォーンスと容量を強化。保護対象のサーバワークロードを、4倍にあたる最大100台へと拡大した。

最新のソフトウェア「PlateSpin Forge 11」を搭載しており、最新OSやハイパーバイザーに対応。2Tバイト以上のGPTハードドライブやブートドライブを備えた新型UEFI物理サーバをサポートする。さらに仮想化プランニングツールPlateSpin Recon 4をバンドルした。

同社では、2015年7月にサポートが終了する「Windows Server 2003」の移行時におけるソリューションとしても製品を展開する。

価格はオープンプライスで、市場予想価格は756万円から。

(Security NEXT - 2014/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
住民記録システムで一時障害、異動届出の入力できず - 神戸市