Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ImpervaのCEOにAnthony Bettencourt氏

米Impervaは、8月18日付けで同社の社長兼CEOにAnthony J. Bettencourt氏を任命したと発表した。

Bettencourt氏は、IT業界で25年以上のキャリアを持つ人物。検索ソリューションのVerityに在籍後、Autonomy ZantazおよびAutonomy InterwovenのCEOを歴任。前職ではテストソリューションを提供するCoverityのCEOとして活躍した。現在、Proofpoint、Blinkx、Formation Data Systemsの取締役を務めている。

同社のファウンダーで、これまでCEOを務めたShlomo Kramer氏は、取締役会長兼最高戦略責任者へ就任。引き続き同社の経営に参画していく。

(Security NEXT - 2014/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
IPA、WAF導入時に検討すべき項目を整理
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」