Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10、ネットワーク製品にDDoS防御機能を追加

A10ネットワークスは、同社の「Thunder CGNシリーズ」向けに、最新OS「ACOS 2.8.2」を提供開始した。同OSでは、あらたにDDoS防御機能を搭載している。

「Thunder CGNシリーズ」は、アドレスおよびプロトコル変換に対応するキャリア向けネットワークゲートウェイ。あらたに提供を開始した最新OSでは、ウェブサイトや、DNS、メッセージングサービスなど公開しているネットワークインフラを狙ったDDoS攻撃からの防御機能を追加した。

同機能では、複数経路を持つ攻撃からの防御はもちろん、IPv4およびIPv6のネットワークアドレス変換におけるアドレスプールの保護、外部送信元による大規模攻撃からの防御などが可能だという。

同OSの提供はすでに開始されており、同シリーズの既存ユーザーは、無償で利用することができる。

(Security NEXT - 2014/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ