Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモの偽サイトに注意 - ウイルス感染のおそれも

NTTドコモは、同社コーポレートサイトを装った悪質なウェブサイトを確認したとして注意を呼びかけている。

同社によれば、正規サイトのドメインは、「nttdocomo.co.jp/」または「mydocomo.com/」だが、偽サイトではこれら正規ドメインの文字列をサブドメインに利用。「nttdocomo.co.jp.●●●.org/(●は伏せ字)」といったドメインを利用して偽サイトを配信しているという。

同社では、これらの偽サイトにアクセスするとウイルスに感染する可能性もあると説明。不審なアドレスにはアクセスしないよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2014/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス