Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、「CSIRT研修」サービスを9月にスタート

日本IBMは、企業のセキュリティレスポンスチーム「CSIRT」を支援する「CSIRT研修」サービスを9月より提供する。

同サービスは、セキュリティ事故発生時の対応、指揮、管理などに携わる担当者を対象とした研修サービス。研修の内容は、CSIRTの概要、内部インシデントへの対応、外部からの攻撃によるインシデント対応、外部との連携や公表などの対応スキル育成を行う。

研修期間は30時間、5日間のコースで、料金は43万2000円。同社では、今後研修内容について、情報セキュリティ大学院大学と連携し、さらなる拡充を図っていくとしている。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞候補、公募を開始
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J