Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正SSL証明書の失効プログラム、WS 2003向けに提供開始

米Microsoftは、インドの公的機関から不適切にSSL証明書が発行された問題で、「Windows Server 2003」向けの更新プログラムを提供開始した。

問題の証明書は、インドの国立情報工学センターより発行されたもの。同センターは、インド政府の認証管理局が運営するルート証明機関の下位証明機関にあたり、証明書が信頼されたルート証明機関ストアに含まれているという。

問題の証明書を悪用して証明書を発行されると、なりすまし、フィッシング、中間者(マンインザミドル)攻撃などへ悪用されるおそれがある。

こうした状況に対応するため、米Microsoftでは、7月11日に問題の証明書を失効させるプログラムを公開したが、「Windows Server 2003」については後日提供するとしていた。更新プログラム管理ソフトウェアやMicrosoft Updateサービス、手動により適用できる。

(Security NEXT - 2014/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
「Tomcat Native 1.2.24」が公開 - OpenSSL脆弱性に対応
OpenSSLにリモートよりDoS攻撃受けるおそれ
「au」を装うフィッシング攻撃 - 複数バリエーション出回る
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
「Pulse Connect Secure」に複数脆弱性 - 定例外のアドバイザリを公開