Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の個人情報が記載された資料を紛失 - 目黒区立小学校

東京都目黒区の区立向原小学校において、1学級21人分の「児童理解のための資料」が所在不明となっている。

同区教委によれば、6月6日から同月12日までの間になくなっており、学級担任から報告を受けた校長が、教職員を対象に聞き取り調査を実施するなど探したが見つからなかった。

紛失した資料には、児童や保護者の氏名、住所、電話番号、緊急連絡先、家族構成、児童の性別や生年月日、健康状態や病歴にくわえ、学校から自宅までの地図も記載されていたという。不正に利用されたとの報告は寄せられていない。

同校では対象児童の家庭訪問を行い、保護者に謝罪。臨時保護者会を開催し、経緯説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
小学校で調査票が所在不明、判明後2カ月後に報告 - 湖南市
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
教員が個人情報紛失、名古屋市教委へ届き10カ月後に回収 - 大阪市
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市