Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、プロセスと通信情報を記録するマルウェア対策ソフトを発売 - 東京電機大と共同開発

ディアイティは、組織内においてマルウェア感染の追跡調査が可能となるソフトウェア「CAPLogger」を8月1日より販売開始する。

同製品は、端末においてプロセスと通信情報を紐づけてログとして記録するソフトウェア。通信を可視化し、マルウェア検知時などに、端末内における関連プログラムの調査や、マルウェアが起動するプロセスなどを分析できる。

同社と東京電機大学未来科学部情報メディア学科佐々木良一研究室が共同研究し、開発したもので、同大の学生が開発したプログラムなども組み込まれているという。

価格は、100ユーザで利用した場合、10万8000円から。別途、初期費用が必要。同社では、官公庁や企業などに製品を販売していく。

(Security NEXT - 2014/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」