Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコールDMの顧客データで編集ミス、宛名異なるまま送付 - 三洋電機

三洋電機は、電気衣類乾燥機のリコール対応のため顧客に送付したダイレクトメール4157件について、データ加工時の人為ミスにより宛名と住所が不一致の状態で郵送されたことを明らかにした。

同社ではリコールの対象となった電気衣類乾燥機について、点検および修理促進のため、販売店であるヤマダ電機の顧客情報をもとに、6月17日から19日にかけて「三洋電機製電気衣類乾燥機リコール社告のお知らせ」のダイレクトメールを発送。

しかし、その後同月23日になってヤマダ電機から問題の指摘があり、確認したところ、4157件について宛名と住所が一致しない状態で送付していたことが判明したという。顧客データの加工時に編集操作を誤ったことが原因だった。

30日の時点で、3556件が宛先不明で返送されており、同社では返送された顧客にはダイレクトメールを再送した。異なる名前で届いた顧客には経緯を説明して謝罪している。

(Security NEXT - 2014/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
元従業員が顧客情報を持ち出し、一部にDM送付 - エステサロン
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
会員宛てDM宛名に誤ってクレジットカード番号を印字 - 南海電鉄
顧客情報が複数サイト上に投稿、過去の不正アクセスで流出か - ZMP
申込書など顧客情報が店舗で所在不明に - デサント
委託先へ預けた顧客情報入りUSBメモリが所在不明 - 大阪の複合施設
中元用DMに別の顧客の届け先情報を印刷 - 酒小売事業者
家電通販サイト「デンキチWeb」へ不正アクセス - セキュリティコード含むクレカ情報流出
会員約1.3万件の不正ログインが判明、個人情報取得が目的か - JR東日本