Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【脆弱性】Adobe、「Flash Player」のアップデートを公開 - 72時間以内に適用を

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性を解消する「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。

今回のアップデートは、セキュリティ機能がバイパスされる問題など3件の脆弱性を修正したプログラム。脆弱性が悪用されるとシステムの制御を奪われるおそれがある。

今回修正した脆弱性のうち、「CVE-2014-0537」「CVE-2014-0539」の2件に関しては、バグハンターとして知られるMasato Kinugawa氏から報告されたものだった。

同社は、「Windows」および「Mac OS X」向けに脆弱性を解消した「同14.0.0.145」を用意。また「Linux」向けに「同11.2.202.394」を提供する。

さらに「Chrome」や「Internet Explorer」に同梱されているプログラムについては、各ソフトのアップデートを通じて「同14.0.0.145」が提供される。「Adobe AIR SDK」に関しても「同14.0.0.137」をリリースした。

適用優先度は、「Windows」や「Mac OS X」、ブラウザの同梱版については3段階中もっとも高い「1」としており、72時間以内にできる限り早くアップデートするよう推奨。「Linux」や「Adobe AIR」については3段階中もっとも低い「3」にレーティングしている。

(Security NEXT - 2014/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用