Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール送信に岐阜県青少年SOSセンターのメルアドが悪用される - エラーメール5万5000件

岐阜県青少年SOSセンターのメールアドレスが、迷惑メールの送信に悪用されたことがわかった。同センターはメールアドレスを変更し、注意を呼びかけている。

同県によれば、第三者が大量の迷惑メールを無差別に送信する際、同センターのメールアドレス「sos505@fancy.ocn.ne.jp」を送信元として悪用していたという。

7月4日15時30分より断続的に送信不可を通知するエラーメールを受信、4日と5日はそれぞれ1万件、6日には約3万5000件とあわせて5万5000件を受信したため、調査を行ったところ、なりすましに利用されていることが判明したという。

今回のなりすましに関し、同センターに対する不正アクセスやウイルス感染、個人情報漏洩については否定した。

同センターでは、6日に同メールアドレスの利用を停止。新しいメールアドレスに変更した。古いメールアドレスから届いた不審メールについては、開かずに削除するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2014/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員のメアドとPWを外部で確認、原因不明 - ジャパンレンタカー
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大