Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月に「セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡」が開催 - 3日間の合宿講座も

セキュリティ・キャンプ実施協議会、セキュリティ・キャンプ九州実施協議会、情報処理推進機構(IPA)は、8月に「セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡」を開催する。

セキュリティ・キャンプは、情報セキュリティの人材発掘や育成を目的としたイベント。今回は、8月29日より学生を対象とした3日間の合宿講座を提供するほか、初日には、学生に限らず、保護者や教育関係者、社会人などだれでも参加できる「一般講座」を開講する。

合宿講座では、CTFを通じたセキュリティ学習や、技術者向けの職種ガイド、情報セキュリティにおける倫理、ウェブセキュリティ、プログラミング、マルウェア解析などを学ぶことができるカリキュラムを予定している。

受講料は無料で、応募締切は、2014年7月31日17時。定員は一般講座が150名で先着順で受け付ける。合宿講座の定員は20名で選考の上決定する。カリキュラムや参加条件などイベントの詳細は、セキュリティ・キャンプ実施協議会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
顧客情報9.2万件含むサーバに不正アクセス - パーソルキャリア
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も