Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月に「セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡」が開催 - 3日間の合宿講座も

セキュリティ・キャンプ実施協議会、セキュリティ・キャンプ九州実施協議会、情報処理推進機構(IPA)は、8月に「セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡」を開催する。

セキュリティ・キャンプは、情報セキュリティの人材発掘や育成を目的としたイベント。今回は、8月29日より学生を対象とした3日間の合宿講座を提供するほか、初日には、学生に限らず、保護者や教育関係者、社会人などだれでも参加できる「一般講座」を開講する。

合宿講座では、CTFを通じたセキュリティ学習や、技術者向けの職種ガイド、情報セキュリティにおける倫理、ウェブセキュリティ、プログラミング、マルウェア解析などを学ぶことができるカリキュラムを予定している。

受講料は無料で、応募締切は、2014年7月31日17時。定員は一般講座が150名で先着順で受け付ける。合宿講座の定員は20名で選考の上決定する。カリキュラムや参加条件などイベントの詳細は、セキュリティ・キャンプ実施協議会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省とイスラエル国家サイバー総局、研究開発や人材育成で協力
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る