Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外来患者のカルテを清掃職員が誤って回収、廃棄処分 - 新潟県立病院

新潟県立吉田病院において、外来患者47人のカルテを清掃委託職員がゴミと間違えて回収していたことがわかった。

6月30日、病院職員が月末の請求確認のため、外来患者のカルテ47人分を2つの箱に収めて医事室内に置いていたところ、清掃委託職員が、焼却ごみと誤解し回収したという。

誤りに気付いた時点ではすでに収集業者により回収済みであったため、職員が焼却場へ行って確認したが、カルテは発見できなかった。現場の状況から、カルテは焼却された可能性が高いと説明している。

同院では対象となる患者に謝罪。薬の処方歴や検査結果については、院内システムから出力し、診療へ支障が出ないよう対策を取るという。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
県立病院で患部画像や個人情報含むカメラ紛失 - 新潟県
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院