Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外来患者のカルテを清掃職員が誤って回収、廃棄処分 - 新潟県立病院

新潟県立吉田病院において、外来患者47人のカルテを清掃委託職員がゴミと間違えて回収していたことがわかった。

6月30日、病院職員が月末の請求確認のため、外来患者のカルテ47人分を2つの箱に収めて医事室内に置いていたところ、清掃委託職員が、焼却ごみと誤解し回収したという。

誤りに気付いた時点ではすでに収集業者により回収済みであったため、職員が焼却場へ行って確認したが、カルテは発見できなかった。現場の状況から、カルテは焼却された可能性が高いと説明している。

同院では対象となる患者に謝罪。薬の処方歴や検査結果については、院内システムから出力し、診療へ支障が出ないよう対策を取るという。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院