Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃が断続的に発生中 - ファンタシースターオンライン2

セガが運営するオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2(PSO2)」「ファンタシースターオンライン2 es(PSO2es)」に対し、DDoS攻撃が行われている問題で、同ゲームサービスの停止が長引いている。

今回の攻撃は、6月19日ごろより発生しているもので、オンラインゲームのサーバにくわえ、一時公式サイトに対しても攻撃があり、停止に追い込まれた。

同社は復旧作業を進めており、ウェブサーバに関しては、ゲームサーバよりひと足早く、6月24日15時に復旧した。しかしながら、断続的にDDoS攻撃発生しており、現在も「パソコン版」「PS Vita版」「スマートフォン版」などへ影響が出ており、体験版やクライアントソフトのダウンロードも停止。またゲーム内で利用するポイント「アークスキャッシュ」を購入できない状況だ。復旧したウェブサイトについても、今後も攻撃が激しくなった場合など接続を再度停止する可能性があるとしている。

同社では、有効期限があるアイテムなどについては、有効期限を延長。またイベントやキャンペーンなど、必要に応じて受付期日を延長するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん