Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃が断続的に発生中 - ファンタシースターオンライン2

セガが運営するオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2(PSO2)」「ファンタシースターオンライン2 es(PSO2es)」に対し、DDoS攻撃が行われている問題で、同ゲームサービスの停止が長引いている。

今回の攻撃は、6月19日ごろより発生しているもので、オンラインゲームのサーバにくわえ、一時公式サイトに対しても攻撃があり、停止に追い込まれた。

同社は復旧作業を進めており、ウェブサーバに関しては、ゲームサーバよりひと足早く、6月24日15時に復旧した。しかしながら、断続的にDDoS攻撃発生しており、現在も「パソコン版」「PS Vita版」「スマートフォン版」などへ影響が出ており、体験版やクライアントソフトのダウンロードも停止。またゲーム内で利用するポイント「アークスキャッシュ」を購入できない状況だ。復旧したウェブサイトについても、今後も攻撃が激しくなった場合など接続を再度停止する可能性があるとしている。

同社では、有効期限があるアイテムなどについては、有効期限を延長。またイベントやキャンペーンなど、必要に応じて受付期日を延長するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ
外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック