Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むICレコーダーを職員が紛失 - 国交省

国土交通省の職員が、個人情報が保存されたICレコーダーを帰宅途中に紛失していたことがわかった。

6月5日21時30分ごろ、関東地方整備局の職員が帰宅の途上で鞄ごと紛失したもの。紛失したICレコーダーには、建築士法に基づき実施した聴聞の音声データ最大4件が保存されており、そのなかに最大8件の個人情報が含まれる可能性があるという。

同局では、対象となる関係者に報告を謝罪を行った。

(Security NEXT - 2014/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大