Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むICレコーダーを職員が紛失 - 国交省

国土交通省の職員が、個人情報が保存されたICレコーダーを帰宅途中に紛失していたことがわかった。

6月5日21時30分ごろ、関東地方整備局の職員が帰宅の途上で鞄ごと紛失したもの。紛失したICレコーダーには、建築士法に基づき実施した聴聞の音声データ最大4件が保存されており、そのなかに最大8件の個人情報が含まれる可能性があるという。

同局では、対象となる関係者に報告を謝罪を行った。

(Security NEXT - 2014/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
県立病院で患部画像や個人情報含むカメラ紛失 - 新潟県
顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 北星信金
顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀