Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Symantec Web Gateway」に複数の脆弱性

「Symantec Web Gateway」の管理画面にSQLインジェクションなど4件の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

同製品に、SQLインジェクションの脆弱性「CVE-2014-1650」「CVE-2014-1651」やコマンドインジェクション「CVE-2013-5017」、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2014-1651」などが含まれていることが判明したもの。

これら脆弱性が悪用されると、リモートより認証なしにコードを実行されたり、データベースを操作されるおそれがある。

影響を受けるのは、「同5.2」および以前のバージョンで、Symantecでは、最新版となる「同5.2.1」の提供を開始。同社やセキュリティ機関では利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供