Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイボウズ、脆弱性発見者に最高30万円の報奨金を支払う新制度

サイボウズは、同社クラウドサービス「cybozu.com」において、脆弱性の発見者に報奨金を支払う新制度「脆弱性報奨金制度」を開始した。

同制度は、サービスの信頼性向上を目的とした試み。同社のクラウドサービス基盤「cybozu.com」で稼働する各サービスのほか、同社が指定するパッケージ製品やAPI、ウェブサイトなどを対象としている。

支払う金額は、共通脆弱性評価システム「CVSS v2」の評価結果に基づき算出。基本値が「7.0」以上の場合は基本値×3万円。「6.9」以下の場合は基本値×1万円。ウェブサイトの場合は1件につき一律1万円と設定した。

実施期間は12月25日まで。期間終了後も制度を見直しつつ、継続する予定だという。

同社では2月より「脆弱性検証環境提供プログラム」を実施しており、同プログラムを通じてこれまで17人から37件の脆弱性について報告を受けている。これらの脆弱性についても、さかのぼって報奨金を支払う方針。

(Security NEXT - 2014/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント