Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、MSSに「Deep Discovery Inspector」を活用した新メニュー

アズジェントは、ネットワーク監視やログ分析を行う「Deep Discovery Inspector」を活用したトレンドマイクロの監視運用サービスを開始した。

両社では協業し、アズジェントのマネージドセキュリティサービス(MSS)「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」に、トレンドマイクロの「Deep Discovery Inspector」向けのメニューを追加したもの。

同製品によりネットワークの監視やログとの相関分析を実施。攻撃や侵入の兆候を発見した場合はインシデントの内容を通知するほか、必要なセキュリティ対策を提案する。月額料金は41万円から。

アズジェントでは、同サービスにより初年度に1億円の売上を見込んでいる。

(Security NEXT - 2014/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ