Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのウイルス対策エンジンにサービス拒否の脆弱性 - 48時間以内に修正予定

米Microsoftは、同社のマルウェア対策エンジンにサービス拒否の問題が存在するとして、48時間以内にアップデートを実施する予定だ。

同社のウイルス対策製品が搭載している「Microsoft Malware Protection Engine」にサービス拒否の脆弱性「CVE-2014-2779」が見つかったもの。同社に対し、非公開で報告された脆弱性で、悪用などは確認されていない。

同脆弱性の影響で、細工されたファイルをスキャンするとタイムアウトし、サービス拒否の状態に陥るおそれがある。攻撃を受けた場合、手動で問題のファイルを除去し、サービスを再起動するまで、同エンジンによるマルウェア対策が無効化されるという。

影響を受けるのは、「Windows」に標準で搭載されている「Windows Defender」をはじめ、「Forefront Endpoint Protection」「Microsoft Security Essentials」のほか、同社のマルウェア対策製品の多くが影響を受ける。

同社では、48時間以内にアップデートを実施する予定。定義ファイルと同様の方法で自動的にアップデートするため、特に利用者側の作業は必要ないが、組織などにおいて定義ファイルの更新をコントロールしている場合などは、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ