Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのウイルス対策エンジンにサービス拒否の脆弱性 - 48時間以内に修正予定

米Microsoftは、同社のマルウェア対策エンジンにサービス拒否の問題が存在するとして、48時間以内にアップデートを実施する予定だ。

同社のウイルス対策製品が搭載している「Microsoft Malware Protection Engine」にサービス拒否の脆弱性「CVE-2014-2779」が見つかったもの。同社に対し、非公開で報告された脆弱性で、悪用などは確認されていない。

同脆弱性の影響で、細工されたファイルをスキャンするとタイムアウトし、サービス拒否の状態に陥るおそれがある。攻撃を受けた場合、手動で問題のファイルを除去し、サービスを再起動するまで、同エンジンによるマルウェア対策が無効化されるという。

影響を受けるのは、「Windows」に標準で搭載されている「Windows Defender」をはじめ、「Forefront Endpoint Protection」「Microsoft Security Essentials」のほか、同社のマルウェア対策製品の多くが影響を受ける。

同社では、48時間以内にアップデートを実施する予定。定義ファイルと同様の方法で自動的にアップデートするため、特に利用者側の作業は必要ないが、組織などにおいて定義ファイルの更新をコントロールしている場合などは、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性