Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約550世帯分の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 仙台市

仙台市は、職員が業務で利用していた個人情報含むUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

6月6日にUSBメモリを使おうとしたところ、紛失していることへ気が付いたもの。6月3日に職員が業務でUSBメモリを使用しているが、席を離れる際にUSBメモリを所定の場所に保管しておらず、その後の所在がわからないという。

問題のUSBメモリには、約350世帯分の特別児童扶養手当受給者台帳および関係文書が保存されていた。受給者の氏名、住所、生年月日や対象児童の氏名、生年月日などの個人情報を含む。また約200世帯分の母子寡婦福祉資金滞納者リストも保存されており、借受人の氏名、住所、電話番号、生年月日、滞納額などが記載されていた。

同市では、関係者に対して文書による謝罪や電話による個別対応など進めている。

(Security NEXT - 2014/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校教諭が成績情報など含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能