Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約550世帯分の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 仙台市

仙台市は、職員が業務で利用していた個人情報含むUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

6月6日にUSBメモリを使おうとしたところ、紛失していることへ気が付いたもの。6月3日に職員が業務でUSBメモリを使用しているが、席を離れる際にUSBメモリを所定の場所に保管しておらず、その後の所在がわからないという。

問題のUSBメモリには、約350世帯分の特別児童扶養手当受給者台帳および関係文書が保存されていた。受給者の氏名、住所、生年月日や対象児童の氏名、生年月日などの個人情報を含む。また約200世帯分の母子寡婦福祉資金滞納者リストも保存されており、借受人の氏名、住所、電話番号、生年月日、滞納額などが記載されていた。

同市では、関係者に対して文書による謝罪や電話による個別対応など進めている。

(Security NEXT - 2014/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大