Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

契約社員が顧客情報を持ち帰り紛失、路上で発見され判明 - NTT西

NTT西日本において、顧客情報290件含む書類を一時紛失したことことがわかった。元契約社員が在職中に持ち帰ったものだという。

発見されたのは、同社岐阜支店におけるフレッツ光の申し込み関連書類98枚。同書類が名古屋市内の路上で発見、回収されたことから、すでに退職している元契約社員が在職中に持ち帰り、落としていたことが判明した。

同書類には、2005年から2007年までの顧客290人分の氏名、住所、電話番号が記載されていた。不正利用の報告は確認していない。同社では、対象となる顧客に文書で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2014/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
市内小学校児童の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市
持ち帰り個人情報がPC売却で流出、10年以上前に - 高島屋
顧客情報記載の書類を検針員が紛失 - 大阪ガス子会社
堺市の職員データ持出、あらたに有権者情報68万人分の漏洩が判明
職員や学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜国立大
個人情報含むHDDをネット接続、外部から閲覧可能に - 千葉大
入院患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県立六日町病院