Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSSのCMSである「SOY CMS」にXSSの脆弱性

オープンソースのコンテンツマネージメントシステム「SOY CMS」の旧版に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。最新版ではすでに修正されている。

脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、日本情報化農業研究所が提供する「SOY CMS」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2014-1998」が判明したもの。同CMSへログインした状態で細工されたページにアクセスして脆弱性が悪用されると、ウェブブラウザ上で任意のコードを実行されるおそれがある。

影響を受けるのは、「同Ver. 1.4.0c」および以前のバージョンで、最新版では脆弱性がすでに解消されている。今回の脆弱性は、浅井健氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2014/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性