Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロとデロイトトーマツら、公共機関向けセキュリティコンサル分野で協業

デロイトトーマツサイバーセキュリティ先端研究所(DT-ARLCS)、デロイトトーマツコンサルティング、トレンドマイクロの3社は、公共機関向けセキュリティコンサルティング事業で協業する。

今回の協業は、同分野における各社のノウハウを活用し、公共機関を狙ったサイバー攻撃への対策ソリューションを開発、提供することを目的としたもの。

DT-ARLCSとトレンドマイクロでは、脆弱性診断やサイバーインシデント分析、攻撃手法の解析、防御技術など、サイバー攻撃対策について共同で研究を進める。

またデロイトトーマツコンサルティングとトレンドマイクロでは、政府機関をはじめとする公共機関に対し、サイバー攻撃の予防から発見、事後対応まで対応するソリューションを展開していく。

(Security NEXT - 2014/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正