Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Huawei製通信端末「E303」にCSRFの脆弱性 - 意図しないSMS送信のおそれ

Huawei製通信端末「E303」のウェブインタフェースに、SMSが利用者の意図に反して送信される脆弱性が存在することがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

今回明らかとなった「CVE-2014-2946」は、「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性。SMSのAPIの実装に問題があり、利用者が細工されたウェブページへアクセスし、脆弱性が悪用されると、利用者の意図に反してSMSメッセージを送信されるおそれがあるという。

すでに脆弱性の実証コードも公開されており、Huaweiでは修正プログラムの準備を進めているという。

(Security NEXT - 2014/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供