Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民生活センター装う「訴訟確認依頼通知」なる不審ハガキに注意を

国民生活センターを騙る不審ハガキが出回っている。民事訴訟の最後通告を装った架空請求と見られ、同センターでは注意を呼びかけている。

20140528_kc_001.jpg
問題の架空請求ハガキ(画像:国民生活センター)

問題のハガキは、「民事訴訟確認依頼通知」なるもので、訴訟手続きの確認のために送ったなどと説明。企業によって民事訴訟手続きが開始され、不払いによる財産の差し押さえを要求するなどと不安を煽る内容だった。

架空請求のハガキに類似しているが、企業名の記載や不払いの具体的な内容を記載せず、通知内容の確認先などとして、同センターになりすました実在しない「国民センター訴訟事務局ご相談ダイヤル」へ電話をかけさせようとする。

こうした架空請求では、騙されて金銭を支払ってしまうリスクだけでなく、電話をかけただけでも、相手とのやり取りのなかで、個人情報を取得されるおそれがある。

同センターでは、「民事訴訟に関する通知を送付することは絶対にない」と説明。こうしたハガキを受け取っても、記載された番号には決して電話をせず、消費者生活センターへ連絡するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
「違法画像を見た違反金を支払え、ただしiTunesカードで」 - 警察庁装う詐欺サイト
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
トレンド、小学生と保護者対象の夏休みセキュリティ教室を開催
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
GMOになりすました「SMS」に注意 - カード情報漏洩に便乗する電話も
動画料金を請求する偽DMMのSMSに注意 - プリカ番号要求詐欺