Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

W杯のチケット詐欺サイトが発生 - 決勝戦は約39万円、購入しても届かず

まもなく開幕する「FIFAワールドカップ」。6月の開催を目の前に詐欺行為などイベントに便乗するサイバー犯罪も熱を帯びてきた。

これまでも出場国のユニフォーム販売に装い、個人情報を詐取するケースや、不正プログラムを拡散する行為など、注目イベントに便乗したサイバー攻撃が確認されているが、今回あらたにトレンドマイクロが確認したのは、ワールドカップ観戦チケットの詐欺。

FIFAの偽サイトで金銭を騙し取るもので、決勝戦のチケットは、1枚約39万円という高値がついていた。しかしながら、同サイトでチケットを購入したにもかかわらず届かないなど苦情が報告されている。

また同サイトで悪用されたドメイン名は、2013年5月27日と約1年前にスペインで取得されているなど用意周到で、国ごとに異なるサブドメインを用意するなど、手の込んだ詐欺行為を行っている。

トレンドマイクロは、ワールドカップの観戦チケットについて、販売を正式に許可されているのはFIFAだけであると指摘。詐欺サイトへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV
セキュリティ市場、2020年までは堅調 - 反動から2021年に軟化
注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か