Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAからの依頼装いセキュリティ製品を販売する事業者に注意

情報処理推進機構(IPA)は、同機構と関連があるかのように装い、セキュリティ製品を販売している事業者があるとして、注意喚起を行った。

同機構によれば、問題の事業者は同機構が発行するセキュリティ関連のパンフレットなどを持参。同機構から依頼を受けたかのように説明して、製品の提案や販売を行っているという。

同機構には、こうした行為に関して複数の情報が寄せられており、こうした営業活動に一切関係ないと説明。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「Apache Tomcat JK mod_jk Connector」にURI制限をバイパスされる脆弱性
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信