Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAからの依頼装いセキュリティ製品を販売する事業者に注意

情報処理推進機構(IPA)は、同機構と関連があるかのように装い、セキュリティ製品を販売している事業者があるとして、注意喚起を行った。

同機構によれば、問題の事業者は同機構が発行するセキュリティ関連のパンフレットなどを持参。同機構から依頼を受けたかのように説明して、製品の提案や販売を行っているという。

同機構には、こうした行為に関して複数の情報が寄せられており、こうした営業活動に一切関係ないと説明。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
App Storeに「VPNアプリ」と見せかけた詐欺アプリ