Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀で不正送金被害、情報詐取直後には不正送金

三井住友銀行は、同社が提供するオンラインバンキング「SMBCダイレクト」の利用者を狙った攻撃が巧妙化しているとして注意を呼びかけている。

同社が確認した攻撃ではマルウェアを利用しており、感染した端末上で同サービスへのログイン後に「ダウンロード中です」「読込中です」など偽画面を表示。暗証番号や顧客情報の入力を求め、詐取していた。誤って情報を入力すると、直後に不正な取引が実行され、直後には被害が発生するという。

20140514_sm_001.jpg
マルウェアによる情報詐取のイメージ(画像:三井住友銀行)

同行では、取引内容の確認画面を表示せず、暗証番号の入力を求めることはないと説明。セキュリティ対策ソフトが最新の状態となっているか確認するなど、セキュリティ対策を実施するよう呼びかけるとともに、マルウェアが表示した画面に入力した心当たりがある場合は、オンラインバンキングの利用停止など対策を講じるよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2014/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」