Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、未知の攻撃に対応する「Falcon Host」を取扱開始

マクニカネットワークス、米CrowdStrikeが開発するエンドポイント向けセキュリティ対策製品「Falcon Host」の販売を開始した。

同製品は、リアルタイムに未知のマルウェアやゼロデイ攻撃を検知するエンドポイント向け製品。エンドポイント上で挙動を継続的に監視する検知センサーとクラウドベースの管理サーバで構成されている。

ドライブバイダウンロードやシェルの起動、自動起動エントリーの作成などアプリケーションの不審な挙動を検知することが可能。さらにセンサーを利用してCrowdStrikeが収集したデータにより、攻撃者をリアルタイムに特定できる。

またコマンド&コントロールサーバへの通信やシェルの起動およびコマンド実行、ドキュメントへのアクセスなど、脅威の活動状況をステートフルにモニタリング、可視化できる。

(Security NEXT - 2014/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
IBM、インシデント対応に向けた事前事後対策サービスを拡充
アズビル、インフラや制御システム向けマルウェアセンサーを発売
ファイア・アイ、一太郎ファイルの解析に対応 - ジャストシステムと情報共有も
マクニカ、ブランド価値を毀損するリスクの可視化サービス