Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISOC理事にJPNIC副理事長の江崎浩氏が選出

ISOCの理事会メンバーにJPNICで副理事長を務める江崎浩氏が選出された。同氏は、2007年以来2度目の就任で、今後3年間の任期を務める。

同氏は今回選出されたことを受け、「インターネットに関連して、多様かつ重要な課題が山積しており、日本が重要な責任を果たさなければならない局面にある」とし、「任期中には、ICANNのガバナンス移行の実装や、IETF、ICANN、APRICOTが日本で開催されることになっており、日本からの情報発信の機会を支援したい」とコメントを寄せた。

ISOCは非営利の国際組織。インターネット技術やシステムに関する標準化、教育、ポリシーに関する課題や問題を解決、議論などを行っており、下部組織には、 IETFやIABがある。

(Security NEXT - 2014/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
政府、セキュリティ啓発でTVアニメ「BEATLESS」とタイアップ
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
経産省、クレジットカード加盟店契約に関するガイドライン策定