Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「My SoftBank」で724件の不正ログイン被害 - 閲覧やコンテンツ購入の可能性

ソフトバンクモバイルは、携帯電話の利用者向けサイト「My SoftBank」において、第三者が利用者になりすました不正ログインの被害が発生したことを明らかにした。

20140430_sb_001.jpg
不正ログインが発生した「My SoftBank」

同社によれば、2014年4月14日から28日にかけて、特定のIPアドレスからパスワードリスト攻撃を受けたもので、724件のアカウントで不正にログインされたという。

今回の攻撃により、不正ログインを許したユーザーは、氏名や携帯電話番号、固定電話番号、契約内容、利用状況など個人情報が閲覧されたり、不正なコンテンツを購入された可能性がある。登録されているクレジットカード番号や銀行口座についてはマスキングされていた。

同社では、悪用されたアカウント情報について、同社以外のサービスで流出したIDやパスワードが用いられた可能性があるとし、同社経由の情報漏洩については否定している。

今回の不正アクセスを受け、同社は不正ログインされた顧客へ個別に連絡を取り、パスワードのリセット処理を実施する。またサービスの利用者へ、パスワードの使い回しなどを行わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加