Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、ESETの大学向けライセンスを発売 - 人数ベースで台数無制限

キヤノンITソリューションズは、スロバキアのESET製セキュリティ対策ソフト「ESET Endpoint Protectionシリーズ」にキャンパスライセンスを追加した。

同製品は、文部科学省が管轄する大学や短大を対象としたライセンス。在籍する学生や教職員の人数に応じたライセンス体系で、パソコンやタブレット、スマートフォンなど、端末の台数や端末種別に依存することなく利用できる。

契約期間に台数や在籍者が増加した場合も追加費用は不要。大学が所有する端末にくわえ、大学が使用を認めた個人所有の端末も対象となる。

必要な機能に応じて、上位版である「ESET Endpoint Protection Advanced」「ESET Endpoint Protection Standard」から選択できる。

(Security NEXT - 2014/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
「WordPress」向けカレンダープラグインにXSSの脆弱性
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に