Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、ESETの大学向けライセンスを発売 - 人数ベースで台数無制限

キヤノンITソリューションズは、スロバキアのESET製セキュリティ対策ソフト「ESET Endpoint Protectionシリーズ」にキャンパスライセンスを追加した。

同製品は、文部科学省が管轄する大学や短大を対象としたライセンス。在籍する学生や教職員の人数に応じたライセンス体系で、パソコンやタブレット、スマートフォンなど、端末の台数や端末種別に依存することなく利用できる。

契約期間に台数や在籍者が増加した場合も追加費用は不要。大学が所有する端末にくわえ、大学が使用を認めた個人所有の端末も対象となる。

必要な機能に応じて、上位版である「ESET Endpoint Protection Advanced」「ESET Endpoint Protection Standard」から選択できる。

(Security NEXT - 2014/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院