Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版「Windows Server」使用で逮捕、仮想サーバ1750台を提供

警視庁と埼玉県警察の合同捜査本部は4月23日、海賊版ソフトを業務で使用していたサーバ運営会社代表の中国籍の男性を、著作権法違反の容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性は2012年11月24日ごろ、「Microsoft Windows Server 2003」の中国語版を、経営する会社が所有するサーバにインストールして無断で複製。その後同年11月30日から12月29日ごろまでの間、無断複製された海賊版であることを知りながら業務で使用していたという。

男性は、2014年2月に不正アクセス禁止法で逮捕、起訴されており、その捜査の過程において海賊版の業務使用が発覚。警察の調べによると、男性は海賊版から複製した約1750台相当の仮想サーバを設置。国外からのアクセスポイントとして提供し、不正アクセスや不正送金などの犯罪行為にも利用されていたと見られている。

(Security NEXT - 2014/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
「Zaif」への不正アクセス、被害額を約70億円に修正 - 送金先アドレスから推計
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
仮想通貨の不正送金で利用者に全額補償 - Monappy
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通