Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版「Windows Server」使用で逮捕、仮想サーバ1750台を提供

警視庁と埼玉県警察の合同捜査本部は4月23日、海賊版ソフトを業務で使用していたサーバ運営会社代表の中国籍の男性を、著作権法違反の容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性は2012年11月24日ごろ、「Microsoft Windows Server 2003」の中国語版を、経営する会社が所有するサーバにインストールして無断で複製。その後同年11月30日から12月29日ごろまでの間、無断複製された海賊版であることを知りながら業務で使用していたという。

男性は、2014年2月に不正アクセス禁止法で逮捕、起訴されており、その捜査の過程において海賊版の業務使用が発覚。警察の調べによると、男性は海賊版から複製した約1750台相当の仮想サーバを設置。国外からのアクセスポイントとして提供し、不正アクセスや不正送金などの犯罪行為にも利用されていたと見られている。

(Security NEXT - 2014/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2018年1Qの不正送金被害は1.8億円 -被害額は個人で倍増、法人は54分の1に
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
メールで複数従業員がマルウェア感染、サーバより秘密鍵が盗難 - コインチェック
2017年4Qの不正送金被害は1.7億円 - 法人で被害額が増加傾向
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
コインチェック、業務改善報告書を金融庁へ提出