Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Appleが脆弱性を解消した「iOS 7.1.1」を公開 - SSL処理の脆弱性に対応、「Heartbleed」とは無関係

Appleは、iPhoneやiPadなど同社スマートデバイス向けに19件の脆弱性を解消した最新OS「iOS 7.1.1」を公開した。

今回公開したのは、「WebKit」における脆弱性16件をはじめ、19件の脆弱性を修正するセキュリティアップデート。トリプルハンドシェイク攻撃を受けるおそれがある脆弱性「CVE-2014-1295」に対応した。

同脆弱性は、SSL接続時において、データ流出のおそれがある脆弱性だが、話題となっているOpenSSLに見つかった深刻な脆弱性「Heartbleed」とは別の脆弱性。また「CFNetwork」における「HTTPプロトコル」処理における問題など複数の脆弱性に対応。またiPhone 5Sで搭載する「指紋認証機能」の機能向上を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2014/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
「IOS XE」のAAAサービスにRCEの脆弱性 - アップデートで対応
「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処
Apple、最新OS「iOS 11.4」をリリース - 修正内容は近く公開予定
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響