Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISACA、国際カンファレンス「CACS/ISRM 2014」を都内で開催

ISACA(情報システムコントロール協会)は、国際カンファレンス「CACS/ISRM 2014」を5月30日、31日の2日間にわたり開催する。

同カンファレンスは、システム監査や情報セキュリティ、ITガバナンスなどをテーマとした国際会議で、国内での開催は、2009年の京都以来で5年ぶり、東京支部による開催は2001年以来13年ぶり。

基調講演を務めるISACAの会長Tony Hayes氏をはじめ、国内外より学術分野や産業分野の専門家が登壇。情報セキュリティやデジタルフォレンジック、ITガバナンス、リスクコントロール、監査分析、ビッグデータなど最新の海外トレンドや手法などを紹介する。

会場は浅草橋のヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス。事前参加の登録締切は5月15日。またカンファレンス翌日の6月1日には、ワークショップも予定している。

(Security NEXT - 2014/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
11月に都内で「AVTOKYO2018」開催 - まもなくCFPが締切
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC