Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CSA Japan Summit 2014」が5月に開催 - クラウドセキュリティの最新動向を紹介

20140421_cj_001.jpg

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、CSA日本支部法人発足記念の一環として、シンポジウム「CSA Japan Summit 2014」を5月23日に都内で開催する。

クラウドコンピューティングの活用が進む一方、クラウド上のデータにおけるセキュリティ上の懸念も根深くあるとして、同シンポジウムでは同分野の最新動向を紹介する。CSAの創設者で最高執行責任者(CEO)のJim Reavis氏をはじめ、同分野の専門家や業界関係者が登壇を予定している。

会場はイイノホールで受講料は無料。定員は200名で、先着順で受け付け定員となり次第締め切る。プログラムや申し込み方法などの詳細は同シンポジウムの紹介ページから。

(Security NEXT - 2014/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
チェック・ポイント、Dome9を買収 - クラウドセキュリティを強化