Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HP、「セキュリティコンサルティング」サービスを強化

日本ヒューレット・パッカードは、「セキュリティコンサルティング」サービスを拡充し、これまで個別に提案していた内容をメニュー化した。

同サービスは、法人向けセキュリティソリューション「HPセキュリティ」として展開。企業のリスク管理とコンプライアンス対応を支援する。今回あらたに、これまで顧客ごとに個別に提案してきたサービス内容を拡充し、7種類のメニューに体系化。また新設された「エンタープライズセキュリティサービス本部」が、顧客の抱えるセキュリティ課題に対し、コンサルティングサービスを提供する。

サービスメニューは、「セキュリティリスク管理」「セキュリティインテリジェンスによるインシデント対応・違反管理」「脅威・脆弱性管理」「データ保護・プライバシー」「IDとアクセス管理」「アプリケーションセキュリティ」「インフラ・ネットワークセキュリティ」。

(Security NEXT - 2014/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス