Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本国内で不正送金マルウェアの増加を観測 - ESET

オンラインバンキングにおける不正送金を目的としたトロイの木馬が、日本国内を中心に感染を拡大していることがわかった。

ESETによれば、2013年10月に確認された「Win32/Spy.Aibatook」が、2014年に入り検知数が増加しているもの。特に2月中旬から3月中旬にかけて国内で感染を拡大した。

ESETグラフ
日本国内における「Win32/Spy.Aibatook」の検出状況(グラフ:キヤノンITソリューションズ)

同マルウェアは、ワールドワイドで見ると68.7%が日本国内で検知されている。続いて多い「香港 (6.3%)」や「ロシア(5.3%)」と比較しても突出していることがわかる。

また同社によれば、「Win32/PSW.Papras」の動きも活発となっているという。同マルウェアは、日本はもちろんスロバキアのオンラインバンキングも標的にしたマルウェアで、「マンインザブラウザ(MITB)」により、正規のオンラインバンキングにおいて偽画面を表示し、利用者の情報を騙し取るという。

(Security NEXT - 2014/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
2018年1Qの不正送金被害は1.8億円 -被害額は個人で倍増、法人は54分の1に
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年4Qの不正送金被害は1.7億円 - 法人で被害額が増加傾向
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず