Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本国内で不正送金マルウェアの増加を観測 - ESET

オンラインバンキングにおける不正送金を目的としたトロイの木馬が、日本国内を中心に感染を拡大していることがわかった。

ESETによれば、2013年10月に確認された「Win32/Spy.Aibatook」が、2014年に入り検知数が増加しているもの。特に2月中旬から3月中旬にかけて国内で感染を拡大した。

ESETグラフ
日本国内における「Win32/Spy.Aibatook」の検出状況(グラフ:キヤノンITソリューションズ)

同マルウェアは、ワールドワイドで見ると68.7%が日本国内で検知されている。続いて多い「香港 (6.3%)」や「ロシア(5.3%)」と比較しても突出していることがわかる。

また同社によれば、「Win32/PSW.Papras」の動きも活発となっているという。同マルウェアは、日本はもちろんスロバキアのオンラインバンキングも標的にしたマルウェアで、「マンインザブラウザ(MITB)」により、正規のオンラインバンキングにおいて偽画面を表示し、利用者の情報を騙し取るという。

(Security NEXT - 2014/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
脆弱なERP、機密情報流出のおそれ - 「SAP」「Oracle EBS」など標的に